マリーゴールドが飾られるのはなぜ?

現在、街中にあふれているマリーゴールド。タイ語では「ダウルアン」と呼ばれます。

1967年に前国王ご自身がオランダから持ち帰られ、大学で研究された後、黄色の縁起の良い花として国中に広まりました。

今年8月の母の日に、政府がダウルアンの種や苗木を一般向けに配布し、10月26日の火葬式に向けて花を咲かせよう、というキャンペーンを行いました。

今咲いている花は、前国王に対する感謝と忠誠の心を表しているのです。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top