ロイクラトンはどんなイベント?

スコータイ王朝時代に始まったと言われる灯籠流し「ロイクラトン」。

水の女神“コンカー”に懺悔し、豊穣に感謝するための祭です。

クラトンの形は土地によって様々。

チェンマイではコムローイと呼ばれる熱気球を空に放ち、ターク県ではココナッツの殻で作ったクラトンを流します。

バンコクでは、バナナの葉を使って作られたものが多く見られます。

クラトンの中に髪や爪を入れると、厄災が一緒に流れると信じられていますので、試してみてください。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top