教師の日ってどんな日?

子どもや学生は、その国の未来を担う存在。

その子どもたちを指導する教師たちもまた、同じように重要な存在です。

日本にはありませんが、世界では「教師の日」があります。

ユネスコにより、1994年10月5日に制定され、タイでは、学生や子どもが教師から受ける恩恵を理解し、感謝する機会となるよう、57年に制定。

タイでは1月16日が教師の日となりました。 

1月は学校の休みが多く、また、休日と重ならないように考慮され、新学期最初の木曜日に教師の日の行事が行われます。

各クラスが花で飾られたペテスタルトレー(感謝を表示するサイン)を教師に渡します。

ほかにも、教師と生徒の絆を深めるレクリエーションも行います。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top