路上の花輪使いみちは?

路上で売られている花輪、「プアンマライ」。

バラやジャスミンを繋ぎあわせて作る花輪は、タイの伝統工芸のひとつでもあります。

何に使うのか、疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

昔は葬式や結婚式など公式な場で使われていましたが、今では神仏や目上の人に捧げることで尊敬の念を表し、謝辞を述べる役割としても使われています。

本来は生花を用いますが、近年ではお土産用のレプリカも数多く製造されています。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP