スイカにかける 謎の粉は何?

スイカにかける 謎の粉は何?

タイの宮廷料理の一つ「プラーヘーン・テンモー(スイカとタイ風かつお節)」。ラマ4世時代(1851年〜1868年)から、暑さを乗り切るための料理として親しまれています。スイカ「テンモー」に添えられている粉のような「プラーヘーン」は、焼いてすり潰した魚(雷魚)と、油で揚げて刻んだエシャロットと砂糖を混ぜ合わせたもの。スイカにかけるとご飯のおかずに、もち米のココナッツ煮にかけるとデザートとして食べられます。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 目詰まりしない排水処理機「スリットセーバー」 圧倒的なコストパフォーマンスでタイ市場席巻
    目詰まりしない排水処理機「スリットセーバー」 圧倒的なコストパフォーマンスでタイ市場席巻

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top