今週のギモン「『中華菓子』という名前の麺料理があるのは本当?」

日本の素麺に似た麺にカレーをかけ、千切りキャベツやもやしなどを混ぜて食べる料理「カノムチーン」。これは日本語訳すると「中華菓子」という意味です。山岳少数民族であるモン族の食文化を研究している研究者によると、この料理はもともとモン族が食べていたものが起源で、モン語の「カノムチン」が語源になっているそう。モン語で「カノム」は「固まっている状態」で、「チン」は「煮えている状態」を表しています。つまり、タイ語の「中華菓子」と発音がたまたま似ているだけで、語源はまったく異なるというのが真相です。


 

【タイの素朴な疑問や謎を解き明かす!おしえてタイランド】
皆様からの質問をメールで受け付けております。
件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 機械・システムのプロ集団 製造業を裏で支える技術商社
    機械・システムのプロ集団 製造業を裏で支える技術商社

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top