なぜタイ人は欧米人のことをファランと呼ぶの?

タイ語のファラングは、フルーツのグァバという意味もあります
ファランとは、タイ語でฝรั่ง(ファラング)と書き、欧米人のことを指します。

ペルシャ語のfarangi(ファランギ)が語源とされています。

貿易と植民地開拓が盛んに行われた1600年代に、アジア諸国を巡るポルトガル人が来タイしました。

アラブ人が彼らのことを「ファランギ」と呼んでいる姿を見て、タイ人もマネして使い始めたとか。

こうして「ファランギ」はタイ語に変換され、「ファラング」という言葉が生まれたそうです。

最後の「グ」は、タイ語の発音上、発声しません。ちなみに、「ファランギ」は外国人という意味だけでなく、西欧全般を指す広い意味を持つ言葉です。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る