今週のギモン「スクンビットの名前の由来は?」

バンコクは渋滞都市、世界1位

 

日本人が最も多く住むエリアのひとつ、「スクンビット通り」。
実は、このバンコクのメインストリートは以前、「サムットプラカーン通り」という名前で親しまれていました。
米国・マサチューセッツ工科大学工学部をタイ人で初めて卒業し、タイで第5代の国道局長として、スクンビット通りの開発に注力した「プラピサーンスクンビット伯爵」の名前にちなんで1950年12月10日に命名されたそうです。

そんな、さまざまな人の名前がつくタイの通りや駅名。そのルーツを探ってみると、タイの歴史が垣間見えるといいます。
最寄りの駅名について由来を調べたら、その地域にもますます愛着が湧くかもしれません。

 


 

【タイの素朴な疑問や謎を解き明かす!おしえてタイランド】
皆様からの質問をメールで受け付けております。
件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP
Top