今週のギモン「ソムタム(パパイヤサラダ)の 語源ってなに?」

ラオスやタイ東北部が発祥とされるタイ料理の王道、ソムタム(パパイヤのサラダ)。青パパイヤ、トマト、インゲン、ピーナッツなどにドレッシングを入れて、つぶすように混ぜ合わせて作ります。この作り方の通り、ソムタムの「タム」 は「たたき潰す」という意味。一方、「ソム」は、「オレンジ」という意味なので、本来ならば「マラゴー(パパイヤ)タム」になるはずです。しかし、「ソム」にはタイ東北部の方言で「酸っぱい」という意味もあります。そのためソムタムは、「たたき潰すように作られた、酸っぱい料理」ということを意味しているのです。


 

【タイの素朴な疑問や謎を解き明かす!おしえてタイランド】
皆様からの質問をメールで受け付けております。
件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 特殊鋼のスペシャリスト 「精密金型加工」で事業拡充
    特殊鋼のスペシャリスト 「精密金型加工」で事業拡充

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top