今週のギモン「ソンクランで顔に塗られる白い粉はなに?」

ソンクラン名物のひとつ、粉まみれの人々を見ることは今後あるのだろうか(写真協力/沖野豊)

ソンクラン名物のひとつ、粉まみれの人々を見ることは今後あるのだろうか(写真協力/沖野豊)

 

ソンクラン中、顔に白いパウダーを塗られている人がいますが、あの白い粉は「ディンソーポーン」と呼ばれる泥灰土です。
かゆみを伴う発疹を治し、汗を止める効果を持つ薬草で、昔から日焼け止めとして利用されてきました。

ソンクランでは、水をかけ合うだけでなく参加者同士が相手の顔にディンソーポーンを塗ってコミュニケーションを図るというのが名物のひとつだったのですが、近年、酔った男性が女性の体を触るというセクハラが急増。
そういったトラブルが毎年起こるため、問題視した現政権は、2015年からディンソーポーンの使用禁止を発表しました。

 


 

【タイの素朴な疑問や謎を解き明かす!おしえてタイランド】
皆様からの質問をメールで受け付けております。
件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP
Top