今週のギモン「タイで日本米はどのくらい作られている?」

今週のギモン「タイで日本米はどのくらい作られている?」

タイでは、主にチェンマイ、チェンライ、ラムプーンなどの北部地域で日本米(ジャポニカ米)が作られています。

現在の作付面積は、9600万㎡(東京の世田谷区と葛飾区を合わせた程度)で、タイ全体のコメの作付面積(1200億㎡)に占める割合は1%以下となっています。

ただ、昨今の在タイ邦人の人口増や日本料理ブームを理由に、2016年には1億6000万㎡まで拡大する計画があります。
一方で、インラック政権がはじめた農家救援策「コメ買い取り制度」の適用がタイ米に限定されていることから、日本米を作る稲作農家が減るとの見方もあります。


 

【タイの素朴な疑問や謎を解き明かす!おしえてタイランド】
皆様からの質問をメールで受け付けております。
件名に「おしえてタイランド」と明記し、[email protected]までお送りください。

この記事をSNSでシェア!

PR
  • 技術と“人間力”が実現する 最高峰のアルミダイカスト加工
    技術と“人間力”が実現する 最高峰のアルミダイカスト加工

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top