今週のギモン「タイの公園には全長3mもある生き物が…」

oshiete_436

日本からきたばかりの人は驚くことも多い、タイの公園などに生息するオオトカゲ。

正式名称は「ミズオオトカゲ」といい、タイでは「トゥア・ヒア」と呼ばれています。主にインドから東南アジアに広く分布していて、最大全長は3メートルほど。主に鶏やネズミ、魚、動物の死体などを補食し、水辺を好み、泳ぎが得意といった特徴があります。

そのため、水や食料の多いタイの公園に生息していると考えられています。バンコク都内では、ルンピニ公園やチャトチャック公園をはじめ、首相府、大学、動物園周辺など、いたるところで見かけることができます。

【写真上】タイの地方エリアでは、食用として流通していることも


 

【タイの素朴な疑問や謎を解き明かす!おしえてタイランド】
皆様からの質問をメールで受け付けております。
件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP