今週のギモン「タイ語の挨拶 “サワディー” の意味や語源ってなに?」

「サワディー」は、「こんにちは」でもあり「さようなら」でもある便利な挨拶。この言葉が生まれたのは1930年代にさかのぼります。チュラロンコーン大学文学部の教員、プラヤーウッパキタシラパサーン氏が、自身のラジオ放送の挨拶として使うため、サンスクリット語の「Svastikaa(吉祥、めでたいこと)」を元に考えた造語です。これがチュラロンコーン大学の学生たちの間で大流行し、多くの人が使うようになりました。1943年にプレーク・ピブーンソンクラー ム首相が、「サワディー」を使うように働きかけ、全国民の挨拶になったのです。


【タイの素朴な疑問や謎を解き明かす!おしえてタイランド】
皆様からの質問をメールで受け付けております。
件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 独+日=中が生んだ 唯一無二の「射出成形機」がスゴイ!
    独+日=中が生んだ 唯一無二の「射出成形機」がスゴイ!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top