今週のギモン「バンコクにある鳥居は実は巨大●●●●?」

今週のギモン「バンコクにある鳥居は実は巨大●●●●?」

バンコク・プラナコーン区にある寺院「ワット・スタット」にある鳥居のように見えるアレ。
実は「サオ・チン・チャー(ジャイアント・スイング)」と言われる巨大なブランコ。

その昔、「トリーヤムパワーイ」と呼ばれるヒンズー教の儀式で使われ、同教の最高神シヴァをバラモン(最高位の僧)がブランコにまたがることで、歓迎お祝いしたそうです。ただ、落下事故が相次いだことでラマ7世時代に中止されました。

2006年には、一度儀式復活のためにブランコは修復されたものの、実現しませんでした。
先日、スクムパン知事は復活計画を発表し、現在、その可否が注目されています。

【写真上】新観光スポットになる?


 

【タイの素朴な疑問や謎を解き明かす!おしえてタイランド】
皆様からの質問をメールで受け付けております。
件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top