今週のギモン「観光名所にもなっている『龍神の火の玉』ってなに?」

陰暦11月の満月の夜、タイ東北地方ノーンカーイ県とブンカーン県にあるメコン川で見られるのが、龍神の火の玉(バンファイパヤナーク)。川の中から火の玉のような物体が飛び出す現象です。煙や音はなく、さまざまな大きさをした球状の物体が静かに空へ消えていきます。陰暦11月の満月の夜は、僧侶たちが陰暦8月から行っていた修業を終える「オークパンサー」の日。なぜ、この日と重なるのか?そもそも、火の玉のように見えるものの正体はなんなのか?一部の人はメコン川の龍神が吐き出していると信じているようですが、すべては謎のままです。


 

【タイの素朴な疑問や謎を解き明かす!おしえてタイランド】
皆様からの質問をメールで受け付けております。
件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 世界で唯一無二のシステムでコスト大幅削減  産業用アルミフレームのスペシャリスト!
    世界で唯一無二のシステムでコスト大幅削減 産業用アルミフレームのスペシャリスト!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top