黄色地に赤丸の旗は何?

タイで住宅街を歩いていると、軒先に国旗が掲げられており、その隣には黄色の旗がたなびいていることがあります。

この黄色の旗はサンスクリット語で「ダルマチャクラ(dharma-chakra)」と呼ばれる仏教旗で、祭事や仏教の日に飾られます。

ダルマは「法」の意で、仏様の教えを表しています。

チャクラは古代インドの王が持っていた車輪型の法具「法輪」のことで、この黄色の旗の中央にも赤色で描かれています。

王がこの法輪を転がして敵を撃破するように、仏様の説法も私たちの迷いを打ち消し、正しい道へ導いてくださるという意味が込められています。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top