アユタヤ時代の伝統衣装って?

ドラマ「ブペーサンニワート」の人気から、タイの伝統衣装を着てアユタヤを訪れる人々が社会現象になりました。

伝統衣装は地域や時代によって異なりますが、ドラマの衣装はアユタヤ王朝時代のもの。

特徴は、肩にかける長い布「サバイ」と、巻きスカート「パーシン」の上下セットアップ。

「チョンカベーン」というパンツスタイルも選べます。

また、サバイは若い人向けで、既婚者や年配女性はサバイの下に長袖のブラウスを着て肌の露出を控えるのだそう。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP
Top