オオトカゲが 生息するワケって?

オオトカゲが生息するワケって?

ルンピニ公園をはじめ、バンコク都内の公園でたびたび目撃されるオオトカゲ。タイ語で「トゥア・ヒア」と呼ばれるこの生き物の正体は、インドから東南アジアに広く分布する「ミズオオトカゲ」。その体長は最大で3メートルにも達し、堂々たる存在感を放っています。本来は自然豊かな水辺に暮らしていましたが、近代化と共に生息地が激減。現在のように公園の池などに密集しだしたと言われています。また、天敵がいないことも棲みやすさの理由なのだとか。今度の週末は、その野生の姿を観察しに出かけてみてはいかが?

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 機械・システムのプロ集団 製造業を裏で支える技術商社
    機械・システムのプロ集団 製造業を裏で支える技術商社

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top