キックボードのシェアリングって?

最近トンローやエカマイで、電動キックボードに乗って移動するる人々の姿をよく目にします。

これはシンガポール企業「Neuron Mobility」が昨年12月に開始した、シェアサービスによるもの。

バンコクやチェンマイに延べ1000台が導入され、都内には約20カ所の貸出ステーションがあります。

使い方はアプリをダウンロードして、車体コードや支払い情報を登録するだけ。

GPSが搭載され、どこのステーションでも返却できます。今後は大学などさまざまなスポットに拡大される予定だとか。

短距離の移動に重宝するかも!?

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP