タイの球技セパタクローって?

別名「足のバレーボール」とも呼ばれるセパタクローは、東南アジア発祥の伝統的なスポーツ。

マレー語の「セパ=蹴る」と、タイ語の「タクロー=ボール」に由来する通り、手を使わずにボールを相手コートに返すため、格闘技さながらのアクロバティックな動きが見られるのが特徴です。

古くは籐で編んだボールを使っていましたが、近年ではプラスチック製が一般的に。

直径13.5cmの男子用と、やや大きめの女子用があり、「アジア競技大会」の公式競技として認められています。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP