12月5日は何の祝日?

父の日と言えば、私たち日本人が思い浮かべるのは毎年6月の第3日曜日。一方ここタイでは、1980年から前国王ラマ9世(プミポン国王)の誕生日である12月5日を父の日に定めています。“タイ国民が敬愛する父”と賞され、今も人々の心に深く留まるラマ9世。父の日はタイ人にとってとても大切な日とされ、国内各地でメモリアルイベントなどが開催されます。  また家庭では、前国王の誕生色である黄色のカンナの花やプレゼントを父親に贈るのが一般的。日本とは異なるタイの父の日に、新たな発見があるかも知れません。

12月5日は何の祝日?

父の日と言えば、私たち日本人が思い浮かべるのは毎年6月の第3日曜日。
一方ここタイでは、1980年から前国王ラマ9世(プミポン国王)の誕生日である12月5日を父の日に定めています。

“タイ国民が敬愛する父”と賞され、今も人々の心に深く留まるラマ9世。

父の日はタイ人にとってとても大切な日とされ、国内各地でメモリアルイベントなどが開催されます。

また家庭では、前国王の誕生色である黄色のカンナの花やプレゼントを父親に贈るのが一般的。

日本とは異なるタイの父の日に、新たな発見があるかも知れません。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、[email protected]までお送りください。

この記事をSNSでシェア!

PR
  • 高精密の日系製品を扱い タイの製造業を全力でサポート
    高精密の日系製品を扱い タイの製造業を全力でサポート

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top