タイ古式マッサージのセンって?

今から2500年前にも遡るタイマッサージの起源。

インド医学に基づき、医者や修行僧らによって仏教寺院(ワット)でその技法が伝承されてきました。

中でも、最も重要なのがエネルギーの通り道とされる「セン」です。

体内に張り巡らされたセンは7万2000本もあり、そのうちヘソから心臓を通り首を貫く「セン・スマナ」など主要な10本が生命を司っているのだとか。

また10本のうち半数以上は足を通るため、足をマッサージすることでセンを刺激し、臓器や身体の不調にアプローチすることができると言われています。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP