タイの風物詩「ソンクラン」の起源って?

残念ながら今年は延期になりましたが、毎年4月13〜15日は「水掛け祭り」とも呼ばれるタイの旧正月「ソンクラン」です。

一説にはスコータイ王朝の時代に始まったとされ、当時は11月頃に行われていたのだとか。

その後、4月1日になるなどの変動を経て、現在の日程に定められました。

水は邪気を払い、身を清める

賑やかな“水掛け”のイメージが強い祭りですが、元来は人々が寺院に赴き仏像や仏塔を洗い清めたり、家族の年長者や村の長老の手に水を掛けて清めるなど、新年を迎えるための伝統的な風習として親しまれています。

全国各地で行われるので必見です!

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 高精密の日系製品を扱い タイの製造業を全力でサポート
    高精密の日系製品を扱い タイの製造業を全力でサポート

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top