タイの夏バテ対策食「カオ・チェー」って?

タイの夏バテ対策食「カオ・チェー」って?

タイでもっとも暑い時期であるソンクラン(タイ旧正月)の頃に、涼をとる食べ物として古来より受け継がれてきた「カオ・チェー」。

モン族発祥と言われ、その後は宮廷料理として食べられてきたものが世間に広がったのだそう。

硬めの冷やご飯に、ジャスミンで香り付けした水をかけ、エビの発酵ペーストや塩漬けの牛肉といった濃いめの味付けのおかずと、熟れる前のマンゴーやニンジン、キュウリなどの野菜を一緒に食べる、言わば“タイ風冷やし茶漬け”。

先におかずを、その後にご飯を食べるという作法があるので、実際に食べる時にはご注意を。

チャオプラヤー川の中洲にあるクレット島内では、一年を通じてこの名物料理が提供されています。

現地を訪れた際に、試してみてはいかが。 皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 特殊鋼のスペシャリスト 「精密金型加工」で事業拡充
    特殊鋼のスペシャリスト 「精密金型加工」で事業拡充

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top