タイのコーヒー豆ってどこで栽培されてるの?

タイのコーヒー豆は大きく分けると、インスタントコーヒーなど大量生産向けに南部で栽培される「ロブスタ種」と、北部の山岳民族らを中心に栽培される「アラビカ種」があります。

タイのコーヒー豆ってどこで栽培されてるの?

タイのコーヒー豆は大きく分けると、インスタントコーヒーなど大量生産向けに南部で栽培される「ロブスタ種」と、北部の山岳民族らを中心に栽培される「アラビカ種」があります。

特に後者は、ミャンマーとの国境周辺に暮らしていた山岳民族内でケシ栽培によるアヘン中毒が蔓延していた時代に、王室発の自立支援プロジェクトとしてコーヒー栽培が導入されたことでも注目を集めて来ました。

チェンライやチェンマイ、ランパーンなどの山間部では、コーヒー栽培が村全体の収益を支えているといっても過言ではありません。

また、自社農園で育てたコーヒーを提供する「ドイチャン・コーヒー」や「ドイトゥン・コーヒー」を筆頭に、近年はバンコクでもこのアラビカ種を使用するカフェが増えてきています。 皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、[email protected]までお送りください。

この記事をSNSでシェア!

PR
  • 目詰まりしない排水処理機「スリットセーバー」 圧倒的なコストパフォーマンスでタイ市場席巻
    目詰まりしない排水処理機「スリットセーバー」 圧倒的なコストパフォーマンスでタイ市場席巻

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top