SNSで話題急上昇中の “ブタの島”って?

SNSで話題急上昇中の “ブタの島”って?

南部屈指のリゾート地・サムイ島から船で20分ほどの場所にある「マッドサム島(Koh Mudsum)」。

小さな島内のビーチには現在、10頭のブタが暮らし、その愛くるしい様子を間近で見られることから“ブタの島”として話題を集めています。

風光明媚な同島に、ブタがお目見えしたのは約3年前のこと。

飲食店の店主が家畜として島外から6頭を持ち込み、飼い始めたのがきっかけなのだとか。

次第にSNS上で拡散され、今ではすっかり観光客たちのアイドル的存在になっています。

人懐っこいブタと一緒に記念撮影

マッドサム島のブタはおとなしく、人懐っこい性格。

ビーチではエサ用のせんべい(カオグリヤップ)が売られ、エサがあると自然と近寄ってきてくれます。

また、美しいビーチを背景に写真を撮るのもこの島ならではの楽しみ方。

ブタと海遊びを楽しみ、とっておきの一枚が撮れるかも!?。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top