東北部の名物朝ごはん「カイガタ」って?

青パパイヤを使った「ソムタム」を筆頭に、美味しい郷土料理が満載の東北部・イサーン地方。

中でもお決まりの朝食と言えば、やっぱり目玉焼きが主役の「カイガタ」です。

フランス植民地時代のベトナムで生まれ、ラオスを経由しタイ東北部に伝わったとされる「カイガタ」。

「カイ」は卵、「ガタ」はフライパンを意味するように、専用の小さな鍋で一人前ずつ調理し提供されます。

具材は卵の他、「クンチェン」と呼ばれる同地方名物の甘いソーセージやハム、豚肉、ニンジン、ネギなど。

油の代わりにバターで焼いて、パンと一緒に食べるのが一般的です。

バンコクより気温が低く、肌寒さを感じるイサーン地方は観光シーズン真っ盛り。

現地でできたてを食せば、旨さも倍増すること間違いなし♪。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP