イサーンの伝統料理チムチュムって?

日本にはモツ鍋という鍋料理がありますが、タイにもそれに近いものがあります。

その料理は「チムチュム」というタイ人が大好きなソウルフードの一つ。

「チム」はタレをつけるという意味で、「チュム」は少し浸すという意味。

東北部イサーン地方の伝統料理で、特徴は小さな土鍋を使うこと。

そのスープにはカー(タイ生姜)、レモングラス、コブミカンの葉などのたくさんのハーブが入っていて、なんともタイらしい風味を奏でています。

豚モツをたっぷり入れて

具として入れる肉は豚肉の場合が多く、コブクロなどのモツをたっぷり使います。

食べ方は、煮込んだスープに、あらかじめ玉子を絡めておいた野菜、肉、モツなどを投入して煮えるのを待つ。

そして甘辛いスパイシーなタレを付けていただきます。

ローカルのレストランで出す店が多く、その店ならではレシピがあります。

ハーブの栄養をいっぱい摂れる健康食。

とてもおすすめのタイ料理です。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top