タイのお粥「カオトン」って?

エビ、魚、肉などが入った「カオトン」
タイの庶民料理でおなじみのお粥。

その代表的なものが「ジョーク」と「カオトン」です。

では、この二つの違いとはどこにあるのでしょうか。

「ジョーク」は精米の工程で割れたお米を使って、形が無くなるまでドロドロに煮込んだもの。

幼い子どもがよく食べる、お腹にとても優しいお粥です。

そして「カオトン」は、お米が柔らかくなるまで炊きこみながら煮たもので、お米の形はまだ残っています。

どちらもタイの朝ごはんとして知られていますが、夜食としても好まれています。

「カオトン・グイ」も美味しい!

「カオトン」にはいくつか種類があってその代表が「カオトン・グイ」。

中華料理の影響を色濃く受けたお粥で、タイ人にもとても人気があります。

見た目は「ジョーク」と「カオトン」の中間くらいで、空芯菜炒めや塩漬けゆで玉子のサラダ、サクサクの揚げ魚(プラーサリッド)などのおかずと一緒に食べることが多いようです。

バンコクにはこのようなお粥を名物料理にした名店も多いので、ぜひ食べてみてくださいね。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る