安眠を守ってくれる「ムン」って?

室内に張られた「ムン」
蚊帳と聞いて、あなたはそれが何だかわかりますか。

そう、就寝中の身を蚊などの虫から守ってくれる網の囲いのことです。

そんな蚊帳と同じものがタイにもあって、それは「ムン」と呼ばれています。

昔はタイのどの家庭にもありましたが、最近は網戸やエアコンの普及で影が薄くなってきています。

とはいえ、今でも小さな子どものために張ったり、田舎では多く家庭で使われています。

特に幼い頃から「ムン」の中で寝ていた年配者には、愛用者が多いと言われています。

マラリアからも身を守る

蚊といえば、なんといっても怖いのはマラリア。

そしてデング熱もとても危険です。

そんなリスクから就寝中の人を守るために、世界保健機関も「ムン」をはじめとした蚊帳の使用を推奨しています。

蚊除けの方法としては蚊取り線香や蚊除け剤、網戸の使用などを挙げていますが、最も安全なのは蚊帳の中で寝ることだとしているほど。

長い歴史を持ち、とても頼りになる安眠グッズだったのですね。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る