家の門などに掲げられた「黄色の旗」って

青空に映える国王の黄色い旗
家の門などに、よく黄色の旗が掲げられている光景を目にしますが、これはタイ王室を称える旗の一つ。

旗の色は国王の生年月日または王室の希望で決まります。

タイでは曜日ごとに色があり、ラマ10世は月曜日生まれなので黄色がシンボルカラーとなっています。

旗の上部には王権を表す五種の神器のひとつで王冠を表す「プラマハーピチャイモンクット」が輝き、その下にはタイ数字とラマ10世の略語であるタイの文字が象徴的にあしらわれています。

スティダー女王の旗は紫

ちなみにラマ10世の王妃であるスティダー女王は土曜日生まれなので、その旗は土曜日を表す紫がシンボル。

また、チュラポーン王女は木曜日生まれなのでオレンジ色となっています。

タイの人々が王室を讃えるために家の門などに掲げる旗。

これらは王室の公式行事などでもよく見かけますが、注意して見ていると普段の生活の中でも、いろいろな場面で掲げられていることがあります。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る