車道を走っている「電動キックボード」って?

©STREET MEET@YouTube
車道を走っている電動キックボードをよく見かけますが、とても危険そうですし、果たして合法なのでしょうか。

現行の自動車法によると、電動キックボードは「電気を動力とする2輪車」で、バイクのカテゴリーに入っています。

だから公道で乗る場合には陸運局へ登録し、ヘルメットを着用しなければなりません。

ところが現行の法律には隙間があり、ほとんどの電動キックボードはバイクとして決められた出力を持たないため、バイクとして登録できない状況が続いています。

乗るなら人が少ない遊歩道や私道で

電動キックボードは、バイクとして登録できないため公道の走行は禁止。

では自転車と同じなの?というとそうではなく、「カテゴリーはバイク」なので歩道を走るのも禁止です。

走りたい場合は、どうやら人が少ない遊歩道や住宅街の中の市道しかないようです。

便利そうだしよく見かけますが、法整備が追いついていないのが実情。

ちょっと中途半端な存在のようですが、楽しそうな乗り物なのは確かです。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る