タイ人のソウルフード「ソムタムの種類」って?

カニが入った「ソムタム・プー」
タイ料理の代名詞とも言えるパパイヤサラダ「ソムタム」。

「ソム」はイサーン地方の方言で酸っぱい、「タム」は潰すと言う意味です。

タイ人のソウルフードでもあるこの料理は甘酸っぱさが持ち味で、生パパイヤやトマト、にんじん、干しエビ、ピーナツ、インゲン豆などが入っているものが基本。

独特の匂いも特徴です。

臼に入れた食材をスリコギ棒のようなもので潰すのですが、料理をしている時の「コンコンコン」といういい音を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

バリエーションもたくさん!

さて、ソムタムには多くの種類があり、発酵させた小魚入りの「ソムタム・プラーラー」、カニが入った「ソムタム・プー」などが一般的。

これらにカノムチーン(そうめんのような米麺)を入れた「タムスア」や、生パパイヤの代わりにリンゴやパイナップルを使った「タム・ポンラマイ」なんていう変わり種も。

お店や作る人によっていろいろな味や個性があり、なかなか奥の深いメニュー。

それがソムタムかもしれません。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る