タイで大切にされる「誕生日の色」って?

タイ国王の誕生日は月曜日なので、 黄色い旗が掲げられる

タイでは誕生日の曜日が重視されているのを知っていますか。

その理由は、ヒンドゥー教の伝説に基づく迷信があって、そこには曜日占いがあるから。

また、曜日ごとに特定の色があり、生まれた曜日によってラッキーカラーや守護神、仏像などが決まっています。

ですから、タイ人の間では、「サワッディ・ワン◯◯=◯◯曜日のおはよう」という挨拶とともに、曜日の色をあしらった画像を送るメッセージもLINEなどで交わされているとのこと。

 

 

あなたの曜日の色は?

日曜日は赤、月曜日は黄色、火曜日はピンク、水曜日は緑、木曜日はオレンジ、金曜日は水色、土曜日は紫。

これに合わせて「ラッキーカラー」とすることで、服の色をコーディネートする人もいます。

また、王族もそれぞれが自分の色を持っていて、“自分の旗”は誕生日の曜日の色となっています。

あなたも誕生日の色を楽しんでみてくださいね。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る