タイ人が大好きなカノム・トーキョーって?

タイ人が大好きな カノム・トーキョーって?

屋台や食堂の店先などで、ミニクレープようなものを作っているのを見たことがありませんか。

1個5〜7Bで気軽に買えることからも、タイ人には人気のお菓子。

それは、生地でカスタードクリームやソーセージを包んだタイのお菓子で、「カノム・トーキョー」と呼ばれています。

カノムはタイ語でお菓子という意味。

トーキョーは日本の東京のことです。

東京ではこんなお菓子を見たことはないのですが、それは一体なぜなのでしょうか。

 

 

30〜40年前に初登場

このお菓子がタイに登場したのは、今から30〜40年前のこと。

タイに初めて開店した日系デパートである「タイ大丸」で販売。

ここの店頭には当時はまだ珍しかった日本食が並び、その中にカノム・トーキョーもあったとのこと。

モデルとなったのは、どら焼きや八つ橋などと諸説があるようで定かではありません。

お味の方も、ぜひ確かめてみてくださいね。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る