タイの雨季に多い冠水道路の走り方って?

冠水道路を慎重に走るバス ー タイの雨季に多い冠水道路の走り方って?

タイは雨季の真っ盛り。

日本のゲリラ豪雨を凌駕するような激しいスコールが頻繁にあります。

問題は雨の後の道路の冠水。

これには何度も悩まされた人も多いのではないでしょうか。

道路には立ち往生する車もあり、大渋滞なんていうことも珍しくありません。

さて、そんな冠水道路。

なるべく車で走りたくないものですが、万一走らなければならない時のために、注意点をまとめました。

 

 

まず、普通の乗用車が侵入できるのは水深20cm以下。

道路の縁石を目安にして、縁石が水で隠れているようなら侵入しないほうが無難です。

侵入できると判断したなら、Lレンジなどの最も低いギアにしてエンジン回転を1500〜2000回転に保ち、ゆっくりとなるべく一定速度で通過します。

エンジン回転をある程度まで上げて速度を保つコツは、ブレーキをかけながら進むこと。

少しテクニックが必要ですが、オートマ車なら左足でブレーキを踏みながら右足でアクセルを踏んで速度調整。

エンジン回転を高めに維持することで、排気管から水が侵入して水の圧力でエンストすることを防ぎます。

ただし、絶対に無理は禁物です。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る