変わる高速道路のサービスエリア

千葉の市原SA。施設内にはオリンピックの手作りディスプレイもあった
第19回

変わる高速道路のサービスエリア

写真・文/吉田一紀

仕事では車を運転して移動することが多い。少し長い距離を走る時、お世話になるのが高速道路に設けられたサービスエリア(SA)である。ハイウェイオアシスなんて名付けられたSAもあるが、2020東京大会が近づくにつれて、それらに少しずつ変化が見られるようになってきた。
まず、トイレなどの案内に外国語表記が充実してきた。英語はもとより中国語や韓国語も併記されていて、いかに外国人観光客の高速道路利用が増えてきたかを感じさせる。また、僕がとても良いことだと思っているのが、お洒落にリノベーションされているSAが目立つようになってきたことだ。以前はどこも同じような雰囲気の施設ばかりだったが、そこだけの個性を打ち出して「なかなかいいじゃない」と思わせるSAも多い。そこで提供される食事もご当地ものが並ぶようになり、それもSAに立ち寄る楽しみの一つとなってきた。
来年のオリンピック開幕にタイミングを合わせるようにして、様々なインフラが素敵に変化している。外国から訪れた人たちが少しでも楽しく過ごせるようになることは、つまるところ僕たち日本人にとっても楽しみの一つとなる。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 5000社から最適な機器提案 “未来を計る”計測器・試験機
    5000社から最適な機器提案 “未来を計る”計測器・試験機

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top