アスリートファースト

型コロナウイルスに関するニュースが、毎日、世界中を駆け回っている。
来年のオリンピック開催を待つことになった新国際競技場
第36回

アスリートファースト

写真・文/吉田一紀

新型コロナウイルスに関するニュースが、毎日、世界中を駆け回っている。東京には春が訪れ、お花見を楽しむ人の姿も見受けられるが、まだまだ油断することはできないだろう。実際、多くの国で市民に外出禁止令を出したり、自宅待機を呼び掛けたりする動きが相次いでいる。そしてタイでも非常事態が宣言された。
 さて、東京2020大会の開催も、新型コロナウイルスの影響でついに大きく舵を切った。この夏の開催が延期となり、1年後をめどに開催されることに決まった。
 僕たちオーディエンスにとって、もちろんオリンピックは楽しみなイベントだ。ただ、アスリートファーストのポリシーをないがしろにしてしまっては、「完全な形で実現する」ことはやはりできないと思う。主人公である選手たちが安心して参加できなくては、見ている僕たちも心から楽しめるはずがない。
 このコラムは今回でいったんお休みします。再び2021年の東京大会の楽しみを共にできる日まで。

この記事をSNSでシェア!

PR
  • 特殊鋼のスペシャリスト 「精密金型加工」で事業拡充
    特殊鋼のスペシャリスト 「精密金型加工」で事業拡充

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top