TOKYO MACHINE & TOOL
(THAILAND) CO., LTD.

超硬切削工具及び転造ダイスの販売、再研磨サービス

超硬切削工具及び転造ダイスの販売、再研磨サービス

東京マシン アンド ツール(タイランド)

エンドミル在庫1000種保有
一貫体制のサービスで拡販を目指す

1974年、東京都世田谷にプリント基板用材料の販売会社、東京電資を創業。79年、プリント基板加工用の穴あけ機械設備消耗品、ユニオンツールの工具類を販売する「東京マシン アンド ツール」を設立した。現在はプリント基板の穴あけ行程だけではなく、材料投入から製品検査まで、あらゆる提案を行っている。
2007年、顧客のタイ進出にともない、タイに同社を設立した。プリント配線板・金型加工用機械と各種超硬工具・切削工具をメインに取り扱い、「力強い提案、スピード、情報力」をスローガンに顧客満足を追求。ユニオンツールの代理店として、主にエンドミル、転造ダイスを揃え、自動車業界から電子業界まで幅広くカバーしている。
ユニオンツールはプリント基板用工具の世界シェア1位を誇り、自社での徹底した研究開発、設備開発に強みを持っている。銅、アルミ、生材、調質鋼、焼入鋼(70HRCまで)などの被削材に対応した各種コーティングの開発に力を注ぎ、新しく自社開発した「UDCコート」は、驚異的な深切込みにより、超硬合金やセラミックなど硬脆材の切削を可能にした。
1000種類のエンドミルを保有し、休日にもデリバリー可能な体制を整えている。同社の取引先の大半は日系企業で、自動車関連が多い。タイ進出10年目を迎えて現地スタッフの育成も進み、経験を重ねた営業スタッフと豊富な在庫で、顧客に寄り添ったサービス体制を徹底している。今後は自動車産業へのさらなる貢献と、高付加価値の加工提案を行っていく。「マーケットは広い」と話すのは、永山ゼネラルマネージャー。製品力を武器にさらなるマーケット拡大を睨んでいる。

  • ①自社開発した「UDCコート」により超硬エンドミルで超硬合金の切削が可能に
  • ②小径エンドミルの品揃えに定評があり、φ0.06〜φ20が揃う
  • ③自社開発の精密研削盤設備でダイス製作を行い、表面処理による寿命アップを実現
  • ④転造製品生産の経験を生かした独自設計ダイスにより、安定した精度、面粗さ、長寿命の転造品が製作可能
  • ⑤永山GM。豊富な在庫と顧客に寄り添ったサービスを誇る
  • ⑥営業は日本人1名とタイ人5名。定期的に社内勉強会を開催し、知識向上に取り組んでいる

TEL :
02-272-3252~4 / 098-460-6513(永山)
Address :
17th Fl., Lao Peng Nguan Tower 1,  333 Vibhavadi Rangsit Rd.,
Chom Phon, Chatuchak, Bangkok 10900
URL :
www.tokyo-mt.com
E-mail :
[email protected]
PR
  • 「ユニフォームは企業のシンボル」 品質と価格を両立する製造直売で顧客支える
    「ユニフォームは企業のシンボル」 品質と価格を両立する製造直売で顧客支える

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top