上向きつつあるタイ経済〜NCPO発足以降の行政

上向きつつあるタイ経済

支持率の高い国家平和秩序維持評議会の
行政が奏功している現状

欧米諸国から批判されている現在のタイだが、こと景況感は上向きになっている。国家平和秩序維持評議会(NCPO)は発足以降、経済、社会、法律において、多くの取り組みを行ってきた。いずれもインラック前政権では解決できずにいた問題ばかり。

経済面においては、コメ買取制度における農家への支払い、日常品の価格維持、ガソリンの値下げなど。社会面においては、交通渋滞の解消、武器の押収、麻薬や賭博、違法宝くじ、不法労働者、マフィア運営のタクシー&バイタクの取り締まりなど。法律面においては、暫定憲法を7月中に制定させると発表したばかり。
マフィアの関与が疑われるスワンナプーム空港のタクシー取り締まりは、目に見える形で我々日本人も実感するだろう。これまで当たり前のように見過ごされていた違法な案件を、次々と解決しているところは評価されてしかるべき。しかも、NCPOは3ヵ月以内に完了するとしている。

実際、ドゥシットポールが22日に発表したNCPOへの評価は、約90%が「非常に満足」または「比較的満足」と答え、国民の充足ぶりを示した。また、タイ商工会議所大学が発表した腐敗指数も2013年12月時点の39点(100点満点)から46点に上昇。数字が上がったのは、実に5年ぶり。そして、民間企業による公務員への賄賂も25〜35%から15〜25%に減少したという。

タイ工業連盟が18日に発表した5月の産業景況感指数(TISI、100以上が好感/製造業1116社回答)は、85.1と7ヵ月ぶりに上昇。3ヵ月先の見通し指数も前月の98.2から101.0に上昇し、5ヵ月ぶりに100を超える「好感」となった。

また、工業省によるとNCPO発足以降、工場の新設も増加傾向で、上半期に比べ10〜15%増、年間で5〜10%増を見込む。BOIも平常業務に戻り、大型案件の認可も次々と進んでいる。

バンコクに住んでいる人間であれば、現在の平穏ぶりは、首都封鎖の時とは比較にならないとわかるだろう。他国からどう見られようと、この国は再び歩み出そうとしている。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top