高まる対日投資機運。日タイ新時代の幕開け

 「対日投資は進む」と語るプリーディヤートーン・テーワクン副首相    写真提供:Royal Thai Government

「対日投資は進む」と語るプリーディヤートーン・テーワクン副首相 写真提供:Royal Thai Government

 

進め! 対日投資。
支援を受ける側だったタイが、真のパートナーへ

日本がタイにODA(政府開発援助)を開始して約60年。時代は変わった。これまでの「日本がタイに投資する」という図式を覆す、タイ企業による対日投資機運が高まりつつあるという。

2015年5月27日、日本貿易振興機構(JETRO)はバンコク市内で、タイ企業による対日投資を促すシンポジウムを開き、外国投資に対する優遇措置などを紹介。日本側は「日本経済は回復した。企業収益の増加により、賃金も上昇し、消費が拡大。それにより、企業の収益がさらに増加するという好循環が続いている。いまこそ投資するべきだ」と投資促進を訴えた。

日本側の呼びかけに、プリーディヤートーン副首相は「日系企業によるタイへの投資がなければ、今のタイ経済の成長はなかった」と感謝した上で、「タイ企業を対象とした、日本への投資を誘うイベントは初めてだろう。タイ人投資家の多くが海外投資を始めている。この流れは続くと思う」と応えた。また、タイ工業連盟のスパン会長も「いまこそ、タイ人投資家にとってはチャンス。エネルギーやホテル、ファッション分野は勝機がある。そのためには、タイ企業への手厚い優遇措置が必要だ」と要望。さらに、バンコック銀行東京支店のタウィー氏も「日本政府は、外国企業による対日投資促進政策を進めている。投資収益率も15%と高い」と後押しする。

果たして、対日投資はどう進むのか。JETROバンコクの経済担当者はこう話す。

「タイ企業による世界的なサッカーチームの買収が話題になっていますが、現在、タイ企業による海外投資は、極めて早いスピードで進んでいます。近い将来、外国企業による対タイ投資額を上回るかもしれません。対日投資に関しては、例えば、輸出競争力の強化に向け、食料・食品の高付加価値化を図るための研究分野(日本との合弁)への投資が進みそうです」。

海外マネーの呼び込みは、安倍政権が掲げる成長戦略のひとつ。かつて支援を受ける側だったタイが、いまや、その呼び水として期待されている。タイが本当の意味で日本のパートナーになる日も近い。

関連記事

  1. タイと米中貿易戦争

  2. プラユット政権発足へ

  3. 国連がタイ禁煙「不十分」

  4. タイ・コーヒー業界に激震

  5. タイ経済減速か!?

  6. プラユット首相続投へ!?

  7. 戴冠式

  8. AIが変えるタイの未来図

  9. 預金利息に税金

おすすめ記事

  1. バンコクのカフェ特集
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  4. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  5. 冷えと代謝

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP