11人殺傷。タイ全土に衝撃

警察庁長官が陣頭指揮。訪問者を次々、監禁・殺傷事件

 


10日深夜、南部クラビー県の民家に迷彩服姿の集団が押し入り、発砲。子ども3人を含む8人が死亡、3人が負傷する事件が発生した。事件後、生存者の証言から生々しい当時の様子が明らかになり、タイ全土に大きな衝撃をもたらしている。

10日午後、突如、7人の迷彩服の集団が地元村長宅に侵入し、家にいた村長の娘(14)を監禁。悲劇はそこから始まった。娘を訪ねてきた友人やその両親らを次々に監禁し、村長が妻と他の子ども2人を連れて帰宅したのは午後8時頃。犯人らは計11人を監禁した。

証言者によると、犯人が村長に銃を渡し、「全員を撃て」と発砲を強要。村長が拒否すると、村長から銃を奪い自ら発砲。11人全員が倒れ込んだ後に逃走した。生存者の一人は「耳を撃たれ、気絶したおかげで助かった」と九死に一生を振り返る。

あまりの凶悪かつ、凄惨な事件に、警察はチャッカティップ警察庁長官が自ら現場に入り、陣頭指揮を執る異例の捜査体制を敷いた。そして、数日で見事に逃走犯全員を逮捕。事件の全容が明るみに出た。

警察は、首謀者のスーリーファット容疑者のほかは、カネで雇われたに過ぎず、発砲も同容疑者によるものと断定。村長との因果関係を公表した。それによると、2人の関係は村長が土地を担保に同容疑者から70万バーツを借りたことから始まる。その後、村長は土地を取り戻すため借りたカネを返すも、同容疑者が土地の権利証を渡さなかったことから関係が悪化。話し合いは続くも折り合いがつかず、しびれを切らした容疑者が殺害を計画、実行したという。

逮捕後、同警察庁長官は「容疑者は死刑だろう。逮捕時に抵抗していれば、生け捕ることはなかった」と厳しい口調で事件を語ったほど。

なぜ、関係のない人たちまでも巻き込まなくてはならなかったのか。無念のうちに亡くなった犠牲者がただただ偲ばれる。

 

この記事をSNSでシェア!

PR
  • イヤー・ヘッドパッドで培ってきた技術を 遊び心あふれるマスクづくりに生かす
    イヤー・ヘッドパッドで培ってきた技術を遊び心あふれるマスクづくりに生かす

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top