ネット検閲始まる

国際人権団体、「表現の自由」侵害に危機感

デジタル経済社会省のプティポン大臣は8日、無線LANサービスを提供する全国のカフェや飲食店に、来店者のネット閲覧履歴を90日間分保存し、政府に送るよう指示した。

そのデータは、8月末に設立された「フェイクニュース対策センター」が管理し、嘘の情報を発信した者を追跡するという。

同省は「フェイクニュースの防止」を目的に掲げるが、国際人権団体 「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」のタイ代表が「どんな内容がフェイクとされるかは曖昧。

政府が反対意見を封殺したり、都合の悪い情報を隠したりする可能性がある」と懸念する。

同センターは関連機関の協力の下、インターネットやソーシャルメディア上のニュースを監視する組織。

フェイクニュースがあれば、同省のウェブサイトやライン公式アカウントを通じて、国民に通知する。

関連機関は“正しい”情報を提供する必要があり、最終的に政府が“正しい”と判断した情報を公開するという。

プティポン大臣は「個人情報を悪用することはなく、あくまでインターネット上のプラットフォームを介した不正行為防止のための措置」と念を押す。

なお、同センターの設立に先立ち、国立開発行政研究院(NIDA)の世論調査機関「NIDAポール」は8月14〜16日、全国15歳以上の1522人にフェイクニュースに関する調査を実施。

それによると、「ネット上のフェイクニュースを信じたことがあるか」との質問に対し、「信じたことがない」との回答が61.23%を占めた一方、「信じたことがある」が27.59%、「偽の情報か判別できない」が11.18%だった。

4割がフェイクニュースの影響を受けているということになる。

また、「同センターの設立に賛成か」という質問には、86.98%が「賛成」と答えた。

どうやら国民のお墨付きの上で同センターが設立したようだ。

ただ、海外投資家の目に今回のネット検閲がどのように映るか。

仮に、民主主義の根幹をなす「表現の自由」を侵害していると判断されれば、投資熱は冷え込むだろう。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • イヤー・ヘッドパッドで培ってきた技術を 遊び心あふれるマスクづくりに生かす
    イヤー・ヘッドパッドで培ってきた技術を遊び心あふれるマスクづくりに生かす

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top