空港が限界!?

タイ空港会社(AOT)は5日、主要6空港(スワンナプーム、ドンムアン、プーケット、チェンマイ、チェンライ、ハジャイ)を拡張し、年間の収容能力を計1億8000万人にまで引き上げる方針を発表した。

収容キャパを大幅に超え、施設拡張が急務

タイ空港会社(AOT)は5日、主要6空港(スワンナプーム、ドンムアン、プーケット、チェンマイ、チェンライ、ハジャイ)を拡張し、年間の収容能力を計1億8000万人にまで引き上げる方針を発表した。

経済成長の減速が続く中、その大黒柱である観光分野においては旅行者数が右肩上がりに。

10月末にタイ中央銀行が発表した主要経済指標(速報値)によると、同月の外国人旅行者数は前年比10.1%の増加。

その理由として、昨年7月にプーケット島で発生した観光ボート転覆事故による中国人観光客の減少からの回復、到着ビザ手数料の免除対象となった中国やインド、台湾からの旅行者増、さらにデモなど政情不安が続く香港からタイに旅先を変更する動きなどが挙げられている。

AOTによると、現在6空港合わせた収容能力は1億100万人だが、すでに計1億4187万人と大きく上回っている状況だ。

中でも、スワンナプーム国際空港は収容能力が4500万人であるのに対し、4割超となる6500万人が利用しているという。

これは建設中のサテライトが完成しても収容能力は6000万人しか増えず、決して充分な対策とは言えない。

また、LCCが多数乗り入れるドンムアン空港も同様に、3000万人の収容可能数に対し4100万人を抱えるなど、大きな疲弊を招いている。

同方針では、6つの空港は2025年までに約1,900億B(約6,826億円)を投じて拡張され、スワンナプームにおいては3本目の滑走路と新たな旅客ターミナルも建設予定。

9000万人まで対応できるようになるという。

また、ドンムアン、プーケット、チェンマイの3空港においても新フェーズの開発計画が進んでいる。

今年、タイを訪れる外国人観光客数は4000万人に達すると見られ、観光収入も前年比8%以上の3兆1,000億Bに拡大すると予想。

これは国内総生産(GDP)の18~19%を占め、製造業の輸出減などの煽りを受ける中、稼ぎ頭である観光業へのテコ入れは当然とも言える。

バンコクに世界有数の巨大空港がお目見えする日も、そう遠くはないだろう。

おすすめ記事

  1. Special Interview 森山良子
  2. 独占! スリヤ工業大臣インタビュー 独占!スリヤ工業大臣インタビュー「タイには日本の力が不可欠」
  3. “製造大国”ニッポンとドイツが揃い踏みの4日間で10万475人が来場! ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」が11月20〜23日の4日間に渡って開催された。 今年は世界50カ国10地域から4000社が出展。製造大国タイにとって最大のイベントだけあって、4日間で延べ10万475人が会場を訪れた。 ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」開催!
  4. 週刊ワイズ ゴルフコンペ2019【結果発表】
  5. ワイン&グルメ特集2019 ワイン&グルメ特集2019
  6. 【幹事必見】忘年会・新年会 2019-2020【全60店】 【幹事必見】忘年会・新年会 2019-2020【全61店】
  7. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅…

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1.  有名なタイ人男性俳優から大麻入りのグミを食べさせられたとして11月13日、女性が都内の警察に通報した。映画の主演も務める著名人の疑惑ということで注目を集める一方、この事件をきっかけに大量の「大麻グミ」がタイ国内に流通している事実が明らかになった。
  2. 独占! スリヤ工業大臣インタビュー
  3. 父の日と言えば、私たち日本人が思い浮かべるのは毎年6月の第3日曜日。一方ここタイでは、1980年から前国王ラマ9世(プミポン国王)の誕生日である12月5日を父の日に定めています。“タイ国民が敬愛する父”と賞され、今も人々の心に深く留まるラマ9世。父の日はタイ人にとってとても大切な日とされ、国内各地でメモリアルイベントなどが開催されます。  また家庭では、前国王の誕生色である黄色のカンナの花やプレゼントを父親に贈るのが一般的。日本とは異なるタイの父の日に、新たな発見があるかも知れません。
  4. ここ数年、駅で外国人から声をかけられることが増えてきたような気がする。きっと多くの方がそう感じているのではないかと思う。特に乗り換えのシーンで質問されることが多く、たしかに鉄道会社をまたいだ乗り換えは、東京のような複雑に入り組んだ鉄道ネットワークだとかなり難しいからだろう。  しかし、2020東京大会を控えたここへきて、鉄道の様々な場所で外国語表記による案内が充実してきた。しかも英語だけではなく、中国語、韓国語と、日本語を加えればなんと4カ国語表記。これにはタイからやって来た友人も驚いていて、「普通、英語圏じゃない国での外国語表記って英語だけだよ。4カ国語も載せるなんてさすが日本。でも、タイ語はないね」。と苦笑いしていた。  駅の案内だけではなく、道路に設置された道案内の地名表記にもどんどん英語が併記されてきている。中にはなんだかへんてこな英語もあるが、専門の識者が検討を重ねて考えたらしい。とにかく来年の夏に向けて、僕たち日本人は今までに経験したことのない数の外国人旅行者と、日常生活の中で接触することになるはずだ。さて、もう少し英語を鍛えなければ。
  5. “製造大国”ニッポンとドイツが揃い踏みの4日間で10万475人が来場! ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」が11月20〜23日の4日間に渡って開催された。 今年は世界50カ国10地域から4000社が出展。製造大国タイにとって最大のイベントだけあって、4日間で延べ10万475人が会場を訪れた。
  6. 夜道を歩いていたら、巨大な金色のカニの看板を発見。カニ専門店なんてあったっけ? しかも、北海道産ズワイと肉厚タラバがこのお値段。ちょっとコスパ良すぎやしませんか!?

今月人気の記事

  1. 2019年週刊ワイズゴルフコンペ結果発表
  2. 2019年週刊ワイズゴルフコンペ結果発表
PAGE TOP
Top