低迷経済に一筋の光

今年も早いもので残すところ1カ月余り。最近の動向とともに、ひと足早いが2019年の国内経済を振り返ってみたい。

政策金利が過去最低など、減速が続くが・・・

今年も早いもので残すところ1カ月余り。

最近の動向とともに、ひと足早いが2019年の国内経済を振り返ってみたい。

タイ中央銀行のティッタナン金融政策委員は6日、政策金利を従来の1.5%から0.25%下げ、1.25%とすることを発表。

利下げは8月以来2会合ぶりとなり、過去最低の水準に並んだ。

これについて同委員は「米中貿易戦争とバーツ高の影響で輸出が減少し、経済成長が潜在力を下回っている」と説明。

これが国内消費の衰えや製造関連を中心とした雇用低下を招き、社会に暗い影を落としていることは言うまでもないだろう。

この発表に先駆けたタイ工業省工場局の調査によると、長引く米中貿易戦争の影響や米特恵関税の一部が来年4月に停止されることを受け、今年10月までに国内で1989の工場が閉鎖。

これにより昨年比31%増となる約5万人が失業したと言う。

中でも大きな被害を被ったのが電子部品や家電製造業、そして自動車部品メーカーだと言うから、タイに進出する日系企業にとっても耳の痛い話だ。
また、「タイランド4.0」の中核事業として政府が舵を取る東部経済回廊(EEC)構想についても、決して順風満帆とは言えない状況のようだ。

域内への工場新設や増設のための申請は前年比37%増と一見好調に見えるが、投資総額は23%減の1,670億Bに足踏み。

案件自体は増加しているものの、大規模プロジェクトの参入が少ないのが要因と見られている。

2023年にはEEC域内ラヨーン県に位置するウタパオ空港、バンコク郊外のドンムアン空港、スワンナプーム国際空港の3つを結ぶ高速鉄道が完成する予定。

目下、これが良き起爆剤となることが期待される。

ここで明るい話題を一つ。

低迷が続くタイ経済の中でも、ロボットプログラミングやIoT、AIといったデジタル産業は好調を維持している模様。

EEC開発政策委員会では23年までに同産業の投資額が1,000億Bに達すると見込んでいるのだとか。

これが新たな波及効果を生み、景気回復の一歩となることを期待したい。

おすすめ記事

  1. Special Interview 森山良子
  2. 独占! スリヤ工業大臣インタビュー 独占!スリヤ工業大臣インタビュー「タイには日本の力が不可欠」
  3. “製造大国”ニッポンとドイツが揃い踏みの4日間で10万475人が来場! ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」が11月20〜23日の4日間に渡って開催された。 今年は世界50カ国10地域から4000社が出展。製造大国タイにとって最大のイベントだけあって、4日間で延べ10万475人が会場を訪れた。 ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」開催!
  4. 週刊ワイズ ゴルフコンペ2019【結果発表】
  5. ワイン&グルメ特集2019 ワイン&グルメ特集2019
  6. 【幹事必見】忘年会・新年会 2019-2020【全60店】 【幹事必見】忘年会・新年会 2019-2020【全61店】
  7. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅…

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1.  有名なタイ人男性俳優から大麻入りのグミを食べさせられたとして11月13日、女性が都内の警察に通報した。映画の主演も務める著名人の疑惑ということで注目を集める一方、この事件をきっかけに大量の「大麻グミ」がタイ国内に流通している事実が明らかになった。
  2. 独占! スリヤ工業大臣インタビュー
  3. 父の日と言えば、私たち日本人が思い浮かべるのは毎年6月の第3日曜日。一方ここタイでは、1980年から前国王ラマ9世(プミポン国王)の誕生日である12月5日を父の日に定めています。“タイ国民が敬愛する父”と賞され、今も人々の心に深く留まるラマ9世。父の日はタイ人にとってとても大切な日とされ、国内各地でメモリアルイベントなどが開催されます。  また家庭では、前国王の誕生色である黄色のカンナの花やプレゼントを父親に贈るのが一般的。日本とは異なるタイの父の日に、新たな発見があるかも知れません。
  4. ここ数年、駅で外国人から声をかけられることが増えてきたような気がする。きっと多くの方がそう感じているのではないかと思う。特に乗り換えのシーンで質問されることが多く、たしかに鉄道会社をまたいだ乗り換えは、東京のような複雑に入り組んだ鉄道ネットワークだとかなり難しいからだろう。  しかし、2020東京大会を控えたここへきて、鉄道の様々な場所で外国語表記による案内が充実してきた。しかも英語だけではなく、中国語、韓国語と、日本語を加えればなんと4カ国語表記。これにはタイからやって来た友人も驚いていて、「普通、英語圏じゃない国での外国語表記って英語だけだよ。4カ国語も載せるなんてさすが日本。でも、タイ語はないね」。と苦笑いしていた。  駅の案内だけではなく、道路に設置された道案内の地名表記にもどんどん英語が併記されてきている。中にはなんだかへんてこな英語もあるが、専門の識者が検討を重ねて考えたらしい。とにかく来年の夏に向けて、僕たち日本人は今までに経験したことのない数の外国人旅行者と、日常生活の中で接触することになるはずだ。さて、もう少し英語を鍛えなければ。
  5. “製造大国”ニッポンとドイツが揃い踏みの4日間で10万475人が来場! ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」が11月20〜23日の4日間に渡って開催された。 今年は世界50カ国10地域から4000社が出展。製造大国タイにとって最大のイベントだけあって、4日間で延べ10万475人が会場を訪れた。
  6. 夜道を歩いていたら、巨大な金色のカニの看板を発見。カニ専門店なんてあったっけ? しかも、北海道産ズワイと肉厚タラバがこのお値段。ちょっとコスパ良すぎやしませんか!?

今月人気の記事

  1. 2019年週刊ワイズゴルフコンペ結果発表
  2. 2019年週刊ワイズゴルフコンペ結果発表
PAGE TOP
Top