スマート製品の新生産基地

チョンブリー県に位置する「ヤマト工業団地」。その事業者向け用地の販売が、いよいよ2020年第2四半期(4〜6月)に始まる。タイ初のスマートエレクトロニクスの生産拠点として、総投資額は220億バーツに上るとみられる。産業高度化を目指す新経済戦略「タイランド4.0」において、スマートエレクトロニクスは重点産業の一つとされており、団地の完成によりこれらの生産が増えそうだ。

「ヤマト工業団地」に台湾企業も熱視線か

チョンブリー県に位置する「ヤマト工業団地」。
その事業者向け用地の販売が、いよいよ2020年第2四半期(4〜6月)に始まる。

タイ初のスマートエレクトロニクスの生産拠点として、総投資額は220億バーツに上るとみられる。

産業高度化を目指す新経済戦略「タイランド4.0」において、スマートエレクトロニクスは重点産業の一つとされており、団地の完成によりこれらの生産が増えそうだ。
同団地は、2014年にタイ工業団地公社(IEAT)の開発許可を取得。
総面積は690ライ(約1100㎢)で、アメリカンビルダー社が運営する。

同社は現在18億バーツを投じて建設を進めており、土地の4割はエレクトロニクス産業、3割は次世代型自動車とその部品の工場用地として利用される予定だ。

投資家の誘致も同時に進行しているが、特に有望視されているのが台湾企業。

台湾政府が海外投資を支援しているのに加え、米中貿易摩擦の影響で中国から生産拠点をシフトする動きが各企業に出ているためだ。

今年1〜9月、台湾の投資家からの投資奨励申請は44件を数え、投資額は96億バーツと国別で4位。

去年は年間でも60億バーツに留まっており、投資額も10位だった。

注目は、台湾の大手コンピューターメーカー「クアンタ・コンピュータ」の動向だ。

フェイスブックやグーグル、マイクロソフトといった名立たる巨大IT企業に技術を提供する同社が今年、生産拠点をタイのチョンブリー県に移管したのだ。

同社は500社以上のサブコン会社を抱えており、それらの会社も今後タイに進出すると見込まれる。

そうなった時、同団地が受け皿になる可能性は高い。

また、タイは輸出におけるエレクトロニクス分野の収益が大きく、エアコンや洗濯機、電子レンジ、コンプレッサ、冷蔵庫、炊飯器の輸出額は世界トップ10に入るほどだ。

輸出国家のタイにとって、同団地がどのように機能するかが、経済発展の行く末を左右すると言っても過言ではない。

おすすめ記事

  1. Special Interview 森山良子
  2. 独占! スリヤ工業大臣インタビュー 独占!スリヤ工業大臣インタビュー「タイには日本の力が不可欠」
  3. “製造大国”ニッポンとドイツが揃い踏みの4日間で10万475人が来場! ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」が11月20〜23日の4日間に渡って開催された。 今年は世界50カ国10地域から4000社が出展。製造大国タイにとって最大のイベントだけあって、4日間で延べ10万475人が会場を訪れた。 ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」開催!
  4. 週刊ワイズ ゴルフコンペ2019【結果発表】
  5. ワイン&グルメ特集2019 ワイン&グルメ特集2019
  6. 【幹事必見】忘年会・新年会 2019-2020【全60店】 【幹事必見】忘年会・新年会 2019-2020【全61店】
  7. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅…

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1.  有名なタイ人男性俳優から大麻入りのグミを食べさせられたとして11月13日、女性が都内の警察に通報した。映画の主演も務める著名人の疑惑ということで注目を集める一方、この事件をきっかけに大量の「大麻グミ」がタイ国内に流通している事実が明らかになった。
  2. 独占! スリヤ工業大臣インタビュー
  3. 父の日と言えば、私たち日本人が思い浮かべるのは毎年6月の第3日曜日。一方ここタイでは、1980年から前国王ラマ9世(プミポン国王)の誕生日である12月5日を父の日に定めています。“タイ国民が敬愛する父”と賞され、今も人々の心に深く留まるラマ9世。父の日はタイ人にとってとても大切な日とされ、国内各地でメモリアルイベントなどが開催されます。  また家庭では、前国王の誕生色である黄色のカンナの花やプレゼントを父親に贈るのが一般的。日本とは異なるタイの父の日に、新たな発見があるかも知れません。
  4. ここ数年、駅で外国人から声をかけられることが増えてきたような気がする。きっと多くの方がそう感じているのではないかと思う。特に乗り換えのシーンで質問されることが多く、たしかに鉄道会社をまたいだ乗り換えは、東京のような複雑に入り組んだ鉄道ネットワークだとかなり難しいからだろう。  しかし、2020東京大会を控えたここへきて、鉄道の様々な場所で外国語表記による案内が充実してきた。しかも英語だけではなく、中国語、韓国語と、日本語を加えればなんと4カ国語表記。これにはタイからやって来た友人も驚いていて、「普通、英語圏じゃない国での外国語表記って英語だけだよ。4カ国語も載せるなんてさすが日本。でも、タイ語はないね」。と苦笑いしていた。  駅の案内だけではなく、道路に設置された道案内の地名表記にもどんどん英語が併記されてきている。中にはなんだかへんてこな英語もあるが、専門の識者が検討を重ねて考えたらしい。とにかく来年の夏に向けて、僕たち日本人は今までに経験したことのない数の外国人旅行者と、日常生活の中で接触することになるはずだ。さて、もう少し英語を鍛えなければ。
  5. “製造大国”ニッポンとドイツが揃い踏みの4日間で10万475人が来場! ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」が11月20〜23日の4日間に渡って開催された。 今年は世界50カ国10地域から4000社が出展。製造大国タイにとって最大のイベントだけあって、4日間で延べ10万475人が会場を訪れた。
  6. 夜道を歩いていたら、巨大な金色のカニの看板を発見。カニ専門店なんてあったっけ? しかも、北海道産ズワイと肉厚タラバがこのお値段。ちょっとコスパ良すぎやしませんか!?

今月人気の記事

  1. 2019年週刊ワイズゴルフコンペ結果発表
  2. 2019年週刊ワイズゴルフコンペ結果発表
PAGE TOP
Top