【第2回】資産運用ってギャンブルじゃないの!?

日本人ファイナンシャルプランナー(FP)が多数在籍。 帰国後も安心サポートの「Insurance 110」(インシュランス・ワンテン)に多く寄せられている疑問や、皆さんが知りたいであろう情報を載せていきますので、是非ご覧ください。

【第2回】資産運用ってギャンブルじゃないの!?

Aさん

以前、友人が海外旅行に行った時にカジノに行ったそうで、100万円くらい勝ったという話を聞きました。私もコロナが明けたら行きたいと思っていましたが、ギャンブルと資産運用って何が違うんですかね? 私には区別がつかないのですが。

FP近藤さん

勝ったのは羨ましいですね。さて、今回はギャンブルと資産運用(投資)の違いについてお話ししましょう。

まず、ギャンブルとは…

カジノでも競馬でも必ず胴元といわれる主催者がいます。掛け金を集めて、主催者側が取り分を引いて残ったお金を当たった人に配分する仕組みです。これは日本の宝くじも同じですね。ですので、必ず得する人がいて誰かが損するゼロサムゲームと言われるものです。

逆に資産運用とはわかりやすく株式投資を例にあげます。投資したい企業に対してお金を払って株を買います。企業は出資してもらったお金を活用して利益を生み出します。利益が出た場合は企業から投資した人に対して配当が払われますし、保有している株を売る時点で株価が上がっていればそこでも利益を得ることでできます。

つまりうまくいけば誰も損することがない仕組みです。

Aさん

なるほどwin-winな関係なのか

win-loseな関係なのかということですね。

FP近藤さん

すごく簡単に言うとそういうことですね。あとは時間も大事なポイントですね。Aさんのご友人は運良く短時間で儲けがでましたが、それと引き換えにゼロになる可能性もありました。

Aさん

確かに別の友達の一人は負けたって話していましたね。

FP近藤さん

安全、確実に増やそうと思えばそれだけ時間がかかります。

「72の法則」というのがありまして、

『72÷金利』で元本が2倍になる期間がわかります。

▶金利10%なら「72÷10=7.2」、約7年で2倍

▶金利が5%なら約14年、3%なら24年、1%なら72年。0.5%なら144年、0.2%なら360年…

Aさん

360年後って笑。私の孫の孫の孫くらい世代ですかね。

そんなに待てないですよ。

FP近藤さん

逆に前回お話しした海外保険だと20年置いておくと2倍くらいになります。安全に増やそうと思えば時間がかかるものです。まさか子供の学費をカジノで準備する人はいないとは思います。まずは確実に貯まるものでベースを固めないとならないですね。

Aさん

変な夢ばっかり見てないで

将来のためにはコツコツ頑張らなきゃですね。

FP近藤さん

そうです。まだまだ若いから、まずは時間をかけて確実に増やしていくものを考えましょう。遊びと資産運用は別ですからね。

Aさん

わかりました! まずは安全に時間をかけて倍を目指します。


保険の110番ファイナンシャルプランナー 近藤さん
近藤さん ファイナンシャルプランナー
■趣味■
ソフトボール・魚釣り

■得意分野■
海外駐在員の個人資産運用 法人を活用した経営者の退職金運用プラン 海外を活用した富裕層向け相続対策

■経歴■
日本の大手企業で5年間海外駐在を経験した後、自身でも興味のあった海外での資産運用という部分を極めてみたくなり転職。2014年より香港で「海外に住む日本人だからこそできる」資産運用を伝えている。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る