【第7回】“勝つ”資産運用 ー海外と日本のいいとこ取りー

日本人ファイナンシャルプランナー(FP)が多数在籍。 帰国後も安心サポートの「Insurance 110」(インシュランス・ワンテン)に多く寄せられている疑問や、皆さんが知りたいであろう情報を載せていきますので、是非ご覧ください。

【第7回】“勝つ”資産運用ー海外と日本のいいとこ取りー

Bさん

海外駐在3年目となりますが、じつは日本を出る前に保険を改めて確かめてきたんです。毎月10万円払っている保険があり、果たしてこれでいいのかな?見直してみようかな?と。お金がたまるタイプの保険だと勧められて加入したんですけどね。

FP近藤さん

具体的にはどんな保険ですか?

Bさん

貯蓄性のある保険4本と、掛け捨ての保険3本の合計7本。死亡保険金は合計7.000万円ほどです。

中には一括で払い済みのものもあり、65歳で貯蓄部分を解約すると約4,200万円を受け取れます。ただ、今から払っていく金額を計算すると3,700万円も払う必要があります。

私は生活も派手ではないので、月10万円の支払いはさほど苦にはなりませんけど。

FP近藤さん

なるほど。

でも、3,700万円も払って4,200万円しか受け取れないのはもったいないですね。

では、海外保険を計算してみましょうか。

Bさん

かなり違うんですか?

FP近藤さん

違いますねぇ。こんな感じです…

7,000万円という死亡保険金の補償内容を変えずに、払い込み金額の合計は400万円も安くなります。

しかも、将来的に受け取れる金額は4,200万円から5,800万円に。1,600万円も増えますよ。

Bさん

すごいな。

ただ見直すだけで2,000万円の効果!

FP近藤さん

Bさんの場合は、いろいろ加入していたのでこれくらいの差が出ましたが、通常でも見直すだけで、400~500万円くらい変わる方がほとんどです。

Bさん

なるほど!

日本の保険と海外の保険のいいとこ取りなんですね。


保険の110番ファイナンシャルプランナー 近藤さん
近藤さん ファイナンシャルプランナー
■趣味■
ソフトボール・魚釣り

■得意分野■
海外駐在員の個人資産運用 法人を活用した経営者の退職金運用プラン 海外を活用した富裕層向け相続対策

■経歴■
日本の大手企業で5年間海外駐在を経験した後、自身でも興味のあった海外での資産運用という部分を極めてみたくなり転職。2014年より香港で「海外に住む日本人だからこそできる」資産運用を伝えている。

この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP