【第14回】海外で働いているときは人生のボーナスステージ

日本人ファイナンシャルプランナー(FP)が多数在籍。 帰国後も安心サポートの「Insurance 110」(インシュランス・ワンテン)に多く寄せられている疑問や、皆さんが知りたいであろう情報を載せていきますので、是非ご覧ください。

【第14回】海外で働いているときは人生のボーナスステージ

Dさん

先日セミナーに参加してみて教えてもらった事をまとめてみました!合っているか、もう一度確認したいのですが相談にのってもらえますか?

伊奈さん

はい、もちろんですよ。

ぜひ聞かせてください。

Dさん

今はまだ29歳で結婚もしていない私ですが、将来について考えてみたんです。これだけでは老後やっぱり足りないですよね…

①タイに後2年。

この間に貯まる貯金は10万円×12カ月×2年

(合計240万円)



②今までの貯金

(500万円)



③日本に帰って結婚して、貯金していく金額はおそらく3万円 なので、3万円×12カ月×30年

(合計1,080万円)

あと、ボーナスを毎年すべて貯金に回せたとして、100万円×30年

(合計3000万円))

伊奈さん

そうですね。

日本で家を購入したり、車を買ったり、子供を2人作るなどと考えると、確かに日本に帰ってから貯金出来る額はやはり3万円くらいでしょうね。それも子供が高校生までの期間ですね。

Dさん

ですよね。実際にみんな駐在の時に、何か資産運用したいと考える人は多いのでしょうね。

特にタイにいる間なら、日本でもらっている給料はそのまま全額貯金として出来ますので、その動かないお金をどうすれば良いのかがキモですね。

伊奈さん

タイにいる間だけでも、何かやりたいという人は本当に増えています。日本円はそんなに価値の高い通貨なのでしょうか?

今使わないお金をドルに変える事は、私は間違っていないと思いますし、例の資産分散作戦も出来ますし、海外資産を増やす人はかなり増えていると実際に感じますね。

Dさん

そうか!!

人生を考える上で重要なのは、貯める時と使う時をしっかり見極める事でしたね。ということは、今は貯めるためのボーナスステージという事か!!

伊奈さん

そういう事です。

そのボーナスステージで、どれだけ運用に回せたかが大きく将来が変わりますもんね。


伊奈さん ファイナンシャルプランナー
47歳 タイ在住11年

■趣味■
バトミントン テニス ウエイクボード 将棋 タイ語 釣り その他10種以上

■得意分野■
海外駐在員の個人資産運用、医療保険、火災保険、ゴルファー保険の個人向け保険 保険全般幅広い知識からのワイドサポート タイの病院選びサポートなど

■経歴■
日本大手店舗内装会社に勤務16年(47都道府県全てにshop作り) タイで農業6年(イチゴや日本の野菜10種以上)
現在保険金融業4年 タイに居ながら色んな保険を比較検討しお客様にご紹介しています。 お客様サポートNO1を目指し、より人生を長く幸せに暮らしてもらう為に日々取り組んでおります。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る