【第17回】早期リタイアは可能なのか?

日本人ファイナンシャルプランナー(FP)が多数在籍。 帰国後も安心サポートの「Insurance 110」(インシュランス・ワンテン)に多く寄せられている疑問や、皆さんが知りたいであろう情報を載せていきますので、是非ご覧ください。

【第17】早期リタイアは可能なのか?

Dさん

最近「FIRE」というワードをよく見ます。

どうやら早期リタイアの話のようですが、実際に我々サラリーマンがそのようなことは可能なんですかね?

伊奈さん

生活コストを抑えて、ある程度の資産を貯めることできれば、不可能ではないと思います。

Dさん

タイだと食事も安いし、家賃もかからないし、生活コストは抑えられていますね。ワンチャンいけるかも。

伊奈さん

待って待って! 冷静に考えましょう。

リタイアするということは、今、会社が払ってくれている家賃は自分で払うということですよ。その他にも医療保険なども自分で手配しないといけないんですよ。

Dさん

冗談ですよ。

しょせんは夢ですよね。

伊奈さん

でも本気で考えるのでしたら、いくらあれば生活できるのかをまず知る事から始めましょう。3カ月くらい無理せず生活してみて、いくらかかるのか家計簿をつけてみてください。

Dさん

月に20万円くらいあれば生活はできると思います。年間240万円かぁ、どうすればいいのでしょう?

伊奈さん

考え方としては“資産“を持つことです。

この場合の“資産“とは、お金を生んでくれるものと考えてください。

不動産を持っていたとしても自分が住んでいるのであれば、お金を生むわけではないので資産とは言えません。

Dさん

不動産の他にはどういったものがありますか?

伊奈さん

金融商品を買うというのも同じです。例えば1,000万円を投資して2%で運用すれば年間20万円の収入が得られます。

では240万円必要ということで、いくらの金利のものにいくら投資すればいいか計算してみましょう。

2%の金融商品なら1億2,000万円、4%の金融商品なら6,000万円、8%の金融商品なら3,000万円ですね。

Dさん

3,000万円までならなんとかなりそうな気がしますが8%の運用は現実的なのでしょうか。

伊奈さん

次回は、この答え合わせを一緒にいたしましょう!!

果たして早期リタイアは可能か?


伊奈さん ファイナンシャルプランナー
47歳 タイ在住11年

■趣味■
バトミントン テニス ウエイクボード 将棋 タイ語 釣り その他10種以上

■得意分野■
海外駐在員の個人資産運用、医療保険、火災保険、ゴルファー保険の個人向け保険 保険全般幅広い知識からのワイドサポート タイの病院選びサポートなど

■経歴■
日本大手店舗内装会社に勤務16年(47都道府県全てにshop作り) タイで農業6年(イチゴや日本の野菜10種以上)
現在保険金融業4年 タイに居ながら色んな保険を比較検討しお客様にご紹介しています。 お客様サポートNO1を目指し、より人生を長く幸せに暮らしてもらう為に日々取り組んでおります。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る